フロントエンドの変遷に見るイタンジの技術選定〜テンプレートエンジンからNext.jsに辿り着くまで〜

はじめに イタンジのエンジニアリングマネージャの田渕です! 先日、OHEYAGOのフロントエンドのNext.jsへのリプレイスが完了しました。 振り返ってみると、リリース前はRailsのテンプレートエンジンを使っていたところから徐々に変更をしていき、最終的にはN…

Ruby3の静的型検査を活用して、新規プロダクト開発の開発効率を向上させた話

はじめに イタンジのエンジニアリングマネージャの田渕です。 昨年末にリリースされたRuby3では、静的型検査の機能が追加されました。 早速、実際の新規Railsプロダクトの開発に活用してみたところ、多くの利点を感じました。 現場で使われている例はまだ多…

Amazon Aurora MySQLのSystem Databaseが破損していたので、AWSのサポートに直してもらった話

はじめに イタンジのエンジニアリングマネージャーの田渕です。 イタンジで採用を検討しているDebeziumという技術では、(使い方によっては)MySQLのSystem Databaseの一つであるmysql.hostテーブルというテーブルにアクセスする必要があります。 先日、その検…

静的サイトジェネレータとして、Preactを実務で使ってみた

はじめに あけましておめでとうございます。イタンジのエンジニアリングマネージャー(以下EM)の田渕です。 つい最近のことですが、EMという役職が新設され、そちらの役職に就任いたしました。 イタンジのEMに求められている役割の中で最も大きいものは、「全…

FirebaseのDynamic Linksを導入した話

はじめに OWNR by RENOSY Android開発のSugeunです。 今回OWNR by RENOSYでDynamic Linksを導入した流れについて話したいと思います。 DeepLinkの概念について全く分からなかったので実際導入してみるとすごく効率高いなと思いましたのでBlog書きました。 今…

Akka(Scala)で書かれたレガシーシステムをRailsでリプレイスした話

前置き この記事では、AkkaとRails,もしくはScalaとRubyのどちらが優れている、などという話は出てきません。 結論を先にも書いておくと、 フレームワークや言語に関わらず、テストや仕様書、CIなどがいかに整っているかが保守性に関わる 技術選定には、会…

ドメインの管理をVALUE DOMAINからRoute 53に安全に移行した話

はじめに イタンジのSREチームの田渕です! イタンジでは、基本的にはRoute 53でドメインを管理していますが、古くから使っているものに関しては、VALUE DOMAINでも管理をしていました。 しかしVALUE DOMAINではIaCツールによる管理ができないため、先日、ド…